明日の午後には、もうあなたはいないでしょう。

この3年間は、私にとって、胸が張り裂けて、死んでしまいたい思いでした。
変わりゆく季節と空気に、愛を求めて、私はダメになってしまいました。

だから、さようなら。
もうずっと、腐敗した水槽の中を這いずり回り、膝をかきむしる生活は、もう理解しがたく、お願いですからわかってください。

お医者様は言っていました。
薬を飲みなさい。あなたは楽になります。

私は私。
変われはしません。

明後日の午後には、もうわたしはいないでしょう。
だから、さようなら。