雲の隙間から空が見える。

あの空は、僕の心を見透かしてる。
卑屈な僕の心を、あの雲の隙間から見える空は知っている。

三角形の空は、少しずつ形を変えながら僕に問いかける。

– 愛はそんな簡単なものじゃないの –
– でも、きっと近くにあるよ –
– 心配しないで –

二分ほど見上げていた。
ゆっくりと僕は、二度と会えない、薄っぺらい空に言った。
– ありがとう。がんばります –