マーマレードが欲しい。

マーマレードで、丁寧に、丁寧に、壁を塗る。
部屋に甘い香りが立ち込めて、けだるい空気を、ぶわっと浄化する。

僕の血圧は上昇下降を繰り返し、狂ったように欲する。
頭がショートして、電球がやけに明るくて、死んでしまう。
おかしい。笑ってしまう。

あいつは、この世界から、抜け出せたのかな?時代は終わったよ、悪いなケンちゃん。
でも、それがダメなら、せめて、もう少し、マーマレードが欲しい。

壁に綺麗なグラデーションが出来たとき、水を一口飲んだ。