空っぽだった。
手の平に人、人、人。
満たしたかった。
僕の頭に、雨、雨、雨。

苛立ちはいつしか憎しみに変わり、僕を蝕んでいく。

コーラを一気に飲み干した。
目に涙が溢れ、噎せ返る。

頭に降り注いだ雨は、首元を伝って胸へと落ちる。
心の中まで伝ってくれと、静かに願った。